こんにちは。もゆです。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

実はテレビが大好きです。
相当なテレビっ子だと思います。

だけど友達とも、同僚とも話がサッパリ合いません。
何故なら好きなのが海外ドラマ&ドキュメンタリーだから。
見てる人、少ないんですね (/_;)

何年も前からはまっている「クリミナル・マインド FBI行動分析課」


FBI行動分析課のメンバーが、犯罪者の行動心理を分析しながら
事件を解決していくというストーリー。
事件がかなり残酷なのですが、メンバーの醸し出す温かさと
サイドストーリーとなるメンバーや、その家族の物語も好きで見続けてます。

私はスーパードラマTVで見てますが
wowowや、Dlifeでも放送されてます。
一話完結で、どこから見ても面白いのもお勧めです。

こっちは一話完結じゃないので途中からだと訳のわからない感じですが、これもかなり好き。
「グリム」


ドラマの分類は「サスペンスファンタジー刑事ドラマ」だそうで・・・
え?結局どれ?って感じの分類w
グリム物語は、実は童話ではなく
その昔、人間とそうでない種族との確執の物語、真実なんだよと。
そして現代、グリム一族の末裔の主人公が人間でない種族が関与する犯罪事件を解決していくという話です。
最初の頃は、グリム物語がベースになっていましたが
ストーリーが進むうちに、もうグリム物語関係無し ( *´艸`)
それにしてもアメリカの人って、魔物とか魔女とか吸血鬼とか好きだよね~
って日本人も妖怪とか怪談が好きだから、この怖いもの見たさは万国共通。

もうすぐ新シーズンがスーパードラマTVで放送が始まります。
楽しみ。

まだまだ好きなドラマは語りだしたら止まりませんが、この辺りで。

で、前置きが長くなっちゃったけど、最近夫婦でドはまりしているのが
「メーデー!航空機事故の真実と真相」
ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送中のドキュメンタリーです。

世界各国で起きた航空機事故を検証する番組で
事故の目撃者や、当時の管制官、ときには生還した乗務員などのインタビューやら
再現ドラマ、事故調査委員会の見解などで構成されています。

c0354352_23134088.jpg
テレビの画面をぱちり。

航空機事故がいったん起きると、乗客としては何も出来ることはないのね…という
怖くて飛行機に乗れなくなりそうな瞬間もありますが
事故調査委員会が丹念に原因を探る段階で
改善できるルールや、システムが変わっていく様子も語られます。
こうやって空の安全は守られているのだなぁと
事故の番組でありながら、安全に飛行機を利用できることに感謝をしたり
自分の仕事に置き換えて、ひとつの過ちから学ばねばな~と思わされたり
とにかく我が家は、もう夢中な番組なのです。

ただね。
放送が深夜12時から始まるので、つい夜更かししちゃう。
これが大きな問題なのです。
(録画すればいいのにねぇ)




ひっそりインスタ始めました。Instagram

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 国立情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
by happy_go_luky | 2017-04-13 23:21 | 感想 - 映画・本・テレビ | Comments(2)

こんにちは。もゆです。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

冬休み中に、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました。
スター・ウォーズシリーズは好きです。全部観ています。
でも公開当日に行くほどの熱狂的なファンではないという程度の夫婦。

そんな私たちが観て、大興奮!
これはスター・ウォーズシリーズの最高傑作なんじゃないの!?と思う程面白かった。

ということで、映画の感想をかなりネタバレ含めて語ります。
まだ観てない方は、この先は見てはいけません。



ちょっとだけスター・ウォーズシリーズをおさらいすると

アナキン・スカイウォーカーが子供から大人に成長し暗黒面に落ちて
銀河中が恐怖するダースベイダーになるまでを描いたepisode1~3
ダースベイダーの息子ルークが、銀河に平和をもたらすまでを描いたepisode4~6

すごくザックリ。
ルーカスフィルムが何十年もかけて作成した物語をたった3行で纏めてみました。

先月公開されたローグ・ワンは、episode4の10分前までの物語
4の本編が始まる直前の番外編といった感じです。

観る前は「どうせ番外編でしょ」くらいな気持ちでしたが
いえいえ。これは最高傑作!くらいに面白かったのです。

理由1:episode4の疑問点を一気に解決してくれた
episode4では、ダースベイダーたち帝国軍が、銀河を恐怖に陥れてやりたい放題。
ついに惑星をも吹っ飛ばすほどの要塞デススターを開発しますが
ルークたち反乱軍が、デススターを破壊して、銀河に希望が現われるというお話です。

映画のなかでは、反乱軍がデススターの設計図を持っているところから始まりますが
それ、どうやって手に入れたの?というのが、ずっと疑問でした。
それにデススターって月ほどの大きさの要塞なんですよ。
なのに、たった1発のミサイル(?)を核心部に打ち込むと、木端微塵に吹っ飛びます。
そんな脆弱性をなぜ残した?
そんな重要な脆弱性ならば、何重にもファイアーウォールかけておいて全体が破壊できないように対策しておきなよ!
という疑問が、この映画で全部解決しちゃうのです。

そういう事だったのか!
うわぁぁぁ、これは凄い!

理由2:登場人物が魅力的
主人公のジン・アーソを演じるフェリシティ・ジョーンズが、なんともスター・ウォーズ顔。
スター・ウォーズ顔って何だ?という突っ込みを覚悟で言いますけど、そういう顔なんです。
芯の強さと、闇を両方抱えているような、そんな顔。
って、思ったら普段のフェリシティ・ジョーンズは、とってもチャーミングな方のようで、この儚げな表情は演技なんですね。
女優さん、すごい。



登場人物と共に行動するローグ・ワン(コールネーム)の仲間たちも、みんな個性があって魅力的です。
特に盲目の僧侶チアルートに、我が家は釘付けです。
自身はジェダイではないけれど、ジェダイとフォースを信じています。(この時代ジェダイは滅びています)
信じるもののため、目は見えないけれど、剣を持って戦う姿。
武士だ!これ座頭市だ!もう勝新太郎にしか見えないぞ ←昭和の人の感想です。

魅力的なキャラクターは、ほかにもいっぱいいるのですが、長くなりそうなので打ち止めにします。

理由3:反乱軍だって葛藤がある
スター・ウォーズシリーズって、善=反乱軍 悪=帝国軍
とても分かりやすい構図なのですが
実は反乱軍の戦士だって葛藤があったのです。
そりゃそうだ。戦争なのだから、それぞれに正義があるのでしょう。
そして最前線で、殺しや破壊を行ってきた戦士たちは「大義のため」と自分に言い聞かせながらも
実は葛藤があった姿が描かれていて、それが今までのスター・ウォーズシリーズにない部分だったように思います。
もしかしたら熱狂的なファンには、受け入れがたいかもしれないけれど
こういう人間臭さが、とても共感できました。

理由4:結末は始まったときから、わかっていたから
おもいっきりネタバレですが、この映画の主要人物は全員死にます。
それは映画が始まったときから、わかっていました。
だってepisode4に、誰も出てこないのですから。
だからストーリーに夢中になればなるほど、わかっている結末に向かうキャラクターたちの姿が
切なくて涙がこぼれます。

この映画を観たら、無性にepisode4を見直したくなりました。
そうしたら、ちょうどwowowで一挙放送があるとか。(((o(*゚▽゚*)o)))ありがたい!

そしてepisode4を見直したら、もういちど映画館に行こうと思うのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 国立情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
by happy_go_luky | 2017-01-05 21:49 | 感想 - 映画・本・テレビ | Comments(4)

こんにちは。もゆです。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ブームメントとなった「逃げるは恥だが役に立つ」
私も見てました。

なんと7話から。

普段、ドラマは見ていないのです。
だけど、友人やら同僚やら、とにかく周りの評判が良くて
じゃあ、私も見てみよう。となったのが7話から。遅っ!

ちなみに、旦那様は私につられて8話から見始めました。

こんなに後半から見始めた夫婦ですが…はまりました。

人は、いくつになってもキュンとすることが好きなんですよ。きっと。

そして「ムズキュン」する気満々で見た最終回。
ムズキュンどころか、いろいろ考えてしまいました。

家事って、必然的に女性に負担がかかるものですが
仕事だったら対価があるのに
結婚したら、その対価って、どうなっちゃうの?
まして共働きなのに、一方に家事の負担がかかる現実、これって何だ?とか
楽しいはずの最終回が、悶々と考えることとなろうとは。

いままでの家事をパーフェクトにこなす、みくりちゃんの姿よりも
ちょっとしたことでイライラして、つい相手にあたってしまったり
そんな自分に自己嫌悪してしまう最終回のみくりちゃんの姿の方が、ずっと共感できました。

そして、いちばん思ったのは
プロの独身だった平匡さんをあそこまで変えた、みくりちゃんスゴイなと。
私は旦那様を育てられてない(笑)
旦那様の家事力、全然向上してないのは私にも大きな責任があるなぁと。

頑張れ。私。

さて、
あまりにも後半から見始めたからか、我が家は「逃げ恥ロス」はありませんが
後半から見始めたからこそ、前半の話が見たい~
DVDを買ってしまいそうです。(レンタルで済ませたいけど)

ツイッターでは、逃げ恥ロスどころか
逃げるが恥だが役に立つみたいに言う大喜利が盛り上がっているようで、
これとか。おもわず笑ってしまうものがいっぱい。


企業の公式アカウントまで。
こういうノリ、好きです。


そして、いちばん笑ったのが・・・


教会!!

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 国立情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
by happy_go_luky | 2016-12-22 22:31 | 感想 - 映画・本・テレビ | Comments(4)

世界一キライなあなたに

こんにちは。もゆです。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ハワイの話を書く前に
飛行機の中で見た映画が、とってもよかったので
先に、このお話を書いておきたいと思います。

世界一キライなあなたに

公開されたばかりの映画なのです。
なんとなく見始めたラブストーリーでしたが
心を揺さぶられたので、ついつい2回観ました。

飛行機の中で号泣し続ける私に
旦那様が、若干引いてましたが気にしません!


単に泣けるだけじゃなくて
登場する誰もが人間的でチャーミングで
どの人の気持ちも理解できるのです。
そして最後に、前向きな気持ちになれるのがいいな~と思います。

本当は、いっぱい感想を語りたい!けれど
ネタばれになってしまう。
公式ページに飛ぶと、いきなり予告編が流れますが
予告編も、何も観ずに、ぜひぜひ映画館へ!

アラフォーのおばちゃんも、キラキラしてしまうほど素敵な映画でした。

私も、大きな画面で観たいので
映画館に行こうと思っています。

セカキラ万歳!


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 国立情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
by happy_go_luky | 2016-10-08 10:21 | 感想 - 映画・本・テレビ | Comments(4)