年配の方への贈り物に「お箸」を選んだ理由

こんにちは。もゆです。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お仕事でお世話になった方が退職されることになりました。

私のトンでもない失敗にも、根気強く付き合ってくださった方です。
みんなで「お疲れ様」の記念品は贈りますが
それとは別で、私個人からも送りたい。

そこで、ここ数週間悩んだ結果「お箸」を選びました。

若狭塗りのお箸です。
お箸なんて100均でも購入できますが
あえて、お箸にしたのは、いくつかの理由があります。

理由1:毎日使うものだから良いものを
以前出会った、こちらのブログ
リンク:「箸はいいものを買うべき」と思い知らされた「すごい箸」の体験
「すごい箸」とは職人さんが普通に作ったお箸のことで
何も特別なものじゃない(だから値段もトンでもなく高いわけじゃない)のです。
とはいえ、お箸に1000円は、私には高いな~と感じてしまう。
自分で、なかなか買えないものだから、あえて贈り物にしたかったのです。

理由2:せっかくなら使って欲しい
私も人から贈り物をいただくことがあります。
みなさん、よく考えてくださっていますよね。
高価だと貰う方も恐縮だから、高価すぎず。
そして実用的に。
となるとタオルハンカチとか。
有難いです。タオルハンカチ。毎日使いますから。
でも、気がついたら結構新品が貯まってるんです。使わないままに・・・
みんなから、よく貰うものって、使ってもらえないかも。
ならば毎日、必ず使って、他の人があまり選ばなくて
そして年に1度くらい新調する箸ならば使ってもらえると思えたからです。

喜んでもらえるかは、この後のお楽しみですが
きっと使っていただけると思っています。

若狭塗箸といえば・・・
貫地谷しほりさん主演のNHK朝ドラ「ちりとてちん」で
主人公が大好きなお爺ちゃんが、若狭塗箸の職人さんでしたね。
貝殻などを下地に、その上に何層もの漆を塗り、そこを丁寧に磨くことで美しい若狭塗箸が出来る。
人から見たらゴミの様な出来事でも、経験を何度も繰り返して、磨くと美しい人になる
そんなセリフが、お爺ちゃんから語られたのが、いまでも印象的です。

私もゴミみたいな経験は、いっぱいあるし
あとはそれを磨くだけ。
がんばらなくちゃね。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 国立情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by happy_go_luky | 2016-05-01 22:14 | 日々のコト | Comments(0)